T.U.O.I  Jerk  (ツ・オ・イ ジャーク)

 

「動かす楽しさ」「狙って釣る楽しさ」

この二つを思いっきり楽しむ渓流用ルアーとして生を受けた渓流専用ジャークベイト、

「T・U・O・I Jerk」。

ただただ釣果だけを追いかけるのではなく、

どれだけドラマティックに渓流のルアーフィッシングを楽しめるか、

企画構想をともにした鳥取のエキスパートアングラー、

岸信 直彦氏の拘りが随所に散りばめられています。

 

 

 


~ Concept ~

 

岸信氏が求めたコンセプトは、「動かす楽しさ」と「狙って釣る楽しさ」。

そしてそれを具現化するための「ルアーの反応の良さ」が求められたポテンシャル。

 

最近では、

急流でもアプローチが容易なヘビーウェイトミノーが主流となっていますが、

入ってしまえば比較的オートマチックに魚にバイトさせてしまうことも、

この手のルアーたちの特徴でもあります。

 そういったルアーが主流の現在に、

もっと「釣った!」「食わせた!」という実感を得るには、

やはり自身で「ここ!」という場所にルアーを送り込み、

口を使わせるためにイメージした「ここ一番のアクション」を決め、

口を使わせるような釣りがしたい!

 

これがツオイジャークのコンセプトです。

 

 

 


~ Method of use ~

 

T.U.O.I Jerkの使い方はアングラー次第。

アクションはスローリトリーブではゆらゆらとローリングし、

リズミカルなトゥイッチングで滑るように左右にダートします。

またリフト&フォールでは、

アイを支点にシーソーのように上下アクションをしますので、

これらを織り交ぜ、アングラーのアイデア次第で

戦略を組み立てて下さい。

 

 


example by Naohiko Kishinobu

 

【T.U.O.I Jerkの使い方】

 まずはキャストしたルアーを目で追いながら、

 「どう操作すると、どう動くのか?」

 を確認するところから始めて下さい。

 基本、クロスもしくはダウンクロスにキャストし、

 「トーン、トーン、トーン・・・」

 的な、幾分スローなリズムでのロッドアクションにてジャークを加え、

 水中のルアーをだーとさせて使います。

ロッドの構えは、クロス~ダウンクロスの場合は横~下さばきで、

ダウンクロス~ダウンの場合は縦(上)さばき が基本となります。

また、1回のキャストでクロス~ダウンクロス~ダウンと探る場合は、

クロスは横さばきにて操作し、ダウンになるにつれて少しずつ、

縦さばきに移行しつつジャークを加えます。

トゥイッチのような小刻みで慌ただしいジャークよりも、

若干スローなジャークの方が水中で「良く飛びます!!」

リールは、ルアーを巻いて泳がせるのではなく、

ジャーク時に生じたラインスタックを巻き取程度のイメージで、

あまり巻きすぎないのがキモ!

 

またアップストリームキャストの場合はクロスやダウンの時とは異なり、

ややスピーディーなリーリングに小刻みなトゥイッチを交えて

使ってください。

クロスやダウンと同じ感覚でジャークすると、

十中八九エビ(フックがラインを拾う)になります。

尚、アップキャストの場合、ロッドはほぼ100%縦さばきです。

 

 ■応用編

① ダウンクロスを左右のダートアクションで探った後、

  ダウンに差し掛かるタイミングでロッドアクションとリーリングを止め、

  水中のルアーを流れに乗せてドリフトさせてみてください。

     ヤマメ・アマゴはこのコンビネーションが良く効きます。

② 背中のラインアイを、プライヤーなどで前後に傾けることにより、

      ある程度のレンジコントロールが可能になります。

     ・ 前傾…シャロー攻略時

     ・ 後傾…やや深いレンジを攻めたい時

        ※アイを調整する場合は、ルアー本体のコート割れにくれぐれも注意してください。

③ アップの展開が多い場合は、ベリーのフックをセットせず、

     テイルフックを推奨しているカルティバSBL-55Mの#12ではなく、

  サイズを上げた#10にすることにより、

  フックのライン絡みを多少なりとも軽減させることができるほか、

                                                                                                                                                           わずかにフックサイズが大きい分、追わせてバイトさせた際の

                                       フックアップ率がUPします。

その他 川の規模や流れの強弱・浅い or 深い、

ターゲットの大きい or 小さいなど、

状況に合わせて使い方を色々とアレンジできるのが「T.U.O.I Jerk」の強みです。

「このルアーは✕✕✕だから…」等々、使い方にリミットを設けず

無限の可能性を試してみてください。

必ず、「釣れた」ではなく「釣った!」を感じていただけるはずです。

 

岸信 直彦

 

→ フックのセットアップ詳細はこちら


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

T.U.O.I Jerk

 Length  46㎜

 Weight  3g±0.5g (アルミモデル)

      3.5g±0.7g (シェルモデル)

 Price     ¥5,500 (アルミモデル 税抜)

      ¥6,500 (アワビ/蝶貝 税抜)

      ¥7,500 (夜光貝 税抜)

 

推奨フック&スプリットリング

 フック   : カルティバS-55 #12

 リング  : カルティバP-04 #00

 スナップ : カルティバP-20  #000

 

→ Go to Color Chart

 



Angler : Naohiko Kishinobu