テストと結果、そこから生まれる確信

Facebookの方にはすでに紹介したが、

テストをお願いしている日野氏から、

素晴らしい釣果が届いた。


道東の小規模河川にて90㎝を超えるイトウが、

Chirai 150にてキャッチされたのだ。

(詳細はGijieに掲載予定の為、割愛させていただく)


この中での裏話をいくつか、紹介したい。

まずはじめにロッド。

実釣に使用されたロッドは、

氏が開発とテストを任され、満を持して発売される

リップルフィッシャー社の「ブラウントラスト72」。

湿原専用トラウトロッドである。


試作品を見ての印象は、

「トラウトロッド?」と思わせるものだった。

強靭なバットから湿原での大型アメマスやレインボー、

そしてイトウを対象にしていることが見て取れる。

高反発な中間部(ベリー)は、

硬い口のこれらのターゲットにフックを貫通させる意図を

垣間見えることができる。

経験豊富な氏ならではの拘りと要求が、

随所に見て取れるものだった。

湿原というフィールドに求められるものが、

随所にちりばめられている印象だった。

モノづくりには目的と意味がある、

これが私の持論である。

こうでなければいけないという目的と意味が達成が満たされてこそ、

世に放たれる資格が与えられる。

そこはL.W.Worksとして最もこだわっている部分だ。

その資格を得る為に、理論による設計とフィールドによる検証と実証が必要となる。

これがすべて納得できて、初めて皆さんに提案できるのである。

そして今回、二つの試作と製品の必要性も、

日野氏によって達成された。


一つ目はOver100Net。

私がメーターオーバーを、

10㎏を超えるトラウトをランディングするに

ふさわしいネットが欲しいとの想いを、

具現化したもの。

このネットの有効性を立証したかった。

結論から申し上げると、

このネットがもたらすランディングの安心感は、

かなり大きいものであるとのことが、

日野氏から伝えられた。

この商品は理論のみによって製品化した、

L.W.Worksでは珍しい製品である。

ランディングネットという製品の特性から、

理論のみで十分、

品質を立証/具現化できると考えたからだ。

10㎏を超える魚をランディングしても揺らがない

強度への安心感、

間口の広さとグリップの長さから来る

ランディングのしやすさは、

予想通りの結果をもたらしてくれた。

それでいてウッド製ネットが持つ美しさと質感。

高いレベルで融合できたと確信した。

 

もう一つが、Chirai150専用フック。

これはまだリリースしていない製品である。

なぜならこれこそフィールドでの立証を

数多くしなければならない製品であるからだ。

 

イトウの口は想像以上に硬い。

バラシが非常に多い魚である。

それ故、フックの選定はランディング率を上げるうえで、

重要なファクターだ。

しかし意外とこの点に着目しているアングラーが少なく、

フックの選定に拘っているアングラーは、

私の知る限りの範疇だが、あまり多くない。

 

口の硬い魚に対しては、

個人的にターポンやセイルフィッシュ等の経験から、

フックポイントの形状と、

ベンディングデザインが重要と考えている。

しかし実際、イトウ用のフックというものは存在せず、

適正なものがないというのが現状であり、

当然、Chirai150にマッチするフックなど存在しない。

ここはルアーを製造するものとして、

どうしてもクリアしたい点である。

 

そしてもう一つ、シングルフックであること。

これは当然ながら、貫通力を重視しての事である。

それでいてイトウに与えるダメージの少なさも得られるという、

シングルは理想的なイトウフックと言える。

 私もトレブルフックをさんざん使用したが、

どうしてもバラシが出てしまう。

これはイトウの有識者に話を聞いても、

多くの方が同じ意見だった。

 これらの要素を理論上クリアするフックを、

漸く得ることができた。

後は検証だけである。

 


そして今回、このフックにて納得できるサイズのイトウにて

検証することができた。

しかし直接的に釣果に影響するタックルだけに、

まだまだ検証は必要である。

このフックを基に検証を重ね、

理想的なChirai150専用フックとしてリリースできる日を、

現在、目指している。

 

すべてはイトウを愛し、夢見るアングラーの為に。