Chirai 150の使い方

Chirai 150はミノープラグです。

なので、普通に巻いて使って下さい。

恐らく、どなたでも普通に釣れる筈。

Chirai 150はそのように設計しています。

 

ただですね、

私の経験では成長した大型個体は、

簡単にルアーを襲ってはくれません。

そうなると、相応のテクニックと言いますか、

技術が必要になってきます。

 

私の経験上、大型個体を口説くには、

 

・ 速度に変化を付ける。

・正面からルアーを見て、横方向に非定期的に動きを付ける。

 

というのがポイントになってきます。

 

「速度に変化を付ける」は、

読んで字の如く、リールの巻く速度を一定にせず、

速度に変化を付けてあげること。

特に流れの緩やかな大型河川の河口付近では、

この方法をベースにしていくことで、大型個体のバイト率が向上します。

水温や状況によっても異なりますが、

基本的にはスローリトリーブ(1秒間にハンドル1回転以下)から、

ちょっと早く(1秒間にハンドル2回転くらい)を不定期に入れてあげて下さい。

その時、Chirai 150はイレギュラーなアクションを起こしてくれるはずです。

 

そしてもう一つ、横方向に非定期的な動きですが、

簡単に言えば、トゥイッチやジャークといったロッドアクションによる動きです。

リトリーブをベースに、5~10m前後(大体で構いません)リトリーブしたら、

1~2回程度、アクションを入れます。

その際、強弱も変化を付けること、とにかく一定にしないことが大切です。

 

これを可能であれば、イトウが付いているであろうスポットで、

狙ってやることができれば、より可能性が高くなってきます。

是非×2、このルアーで大型のイトウを皆さんに釣っていただきたいなぁ、

と思います。

 

 

最後に写真は、

現在最終調整を行っているType Middleの試作品。

カラーは協力してもらっている友人、日野 彰氏の経験から試作した、

シェル貼りのブラックです。

天塩川だけでなく、道東も視野に入れて調整を進めています。

Type Middleは未発売なのですが、春には発売できる筈。

もう少々お待ち下さいませ。

コメント: 0